teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re: (無題)

 投稿者:トットG  投稿日:2008年11月 7日(金)11時37分52秒
返信・引用
  > No.14[元記事へ]

ハレー爺さんへのお返事です。

有り難う御座います ただいま11月研修会に向け 体力増強鍛錬中です がんばります
 
 

(無題)

 投稿者:ハレー爺メール  投稿日:2008年11月 7日(金)08時33分31秒
返信・引用
  まだ居るんですね、PC馬鹿、無視しましよう、トット爺さま、
今月の研修会よろしくお願いします、
 

(無題)

 投稿者:管理人  投稿日:2008年11月 4日(火)23時07分21秒
返信・引用
  整体師になるなら・・・などと胡散臭い広告がウザイのでデザイン変更しておきました。
そのかわり、でかいバナーが出てしまいましたが、先の広告よりは良いですよね?

しかし、最近この業界でもあれやこれやと動いてきましたね。
柔整師の保険問題も、このままいけるわけないですもんね。
真面目にやっている接骨院の先生は、やりきれない気持ちでしょうが、同業者の黙認してきてしまったのも責任がありますからね。
「整体」にしてもしかりだと思います。
真面目にやっている先生もたくさんいますが、金儲けを主に不真面目にやって居る人たちを黙認、あるいは素人に技術を教えてきたということも事実ですよね。
そのツケが今回ってきてるんでしょうね・・・・
 

Re: (無題)

 投稿者:超姑息  投稿日:2008年11月 4日(火)22時08分51秒
返信・引用 編集済
  > No.8[元記事へ]

これまた糞掲示板拾ってきたねぇ~
広告の位置がウザくていいね
 

Re: (無題)

 投稿者:超姑息  投稿日:2008年11月 4日(火)22時07分14秒
返信・引用
  > No.7[元記事へ]

おやおやぁ~、雲行きが怪しいよぉ~
ブラックリストとは穏やかじゃないねぇ~
 

Re: (無題)

 投稿者:ガイアの夜明け  投稿日:2008年11月 4日(火)20時01分43秒
返信・引用
  > No.6[元記事へ]

ちょっと今日だけHM変えました。
ニュースを貼り付けて去ります。


253接骨院、請求に問題 都国保連がブラックリスト
http://www.asahi.com/national/update/1103/TKY200811020199_01.html

接骨院や整骨院が、肩こりや腰痛のマッサージを、ねんざなどのケガとして健康保険請求している問題で、東京都内の国民健康保険への請求を審査する東京都国民健康保険団体連合会(国保連)が都内の約4千のうち250余りの接骨院を「問題あり」として「ブラックリスト」化していることがわかった。21カ月で15回も指摘を受けている接骨院もある。指摘を受けて指導にあたる市区町村の対応にはばらつきがあり、監督のあり方が課題になっている。
 国保連は市区町村の国保の委託を受けて保険請求の内容を審査している。リストは、東京都国保連の柔道整復療養費審査委員会が、請求内容に問題がある接骨院の状況を把握するために作っている。
 毎月の審査で(1)3カ所も4カ所もケガをしたとする請求が多い(2)通院日数が不自然に多い(3)ケガの原因と負傷個所が整合しない――といった問題点を指摘する文書を作り、市区町村を通じて接骨院を経営する柔道整復師に注意をうながしている。
 9月の請求を審査したところ、253の接骨院がリストアップされた。「要注意施術者」の接骨院は20あり、昨年1月からの21カ月で15回の指摘を受けた接骨院もある。
 審査委には柔整師に指導や調査をする権限がなく、実際に治療費を支払う市区町村の国保に注意文書を送る仕組みになっているが、その活用方法は市区町村によって違う。
 要注意施術者が8人と最も多かった世田谷区では、35接骨院がリストアップされた。しかし、区は注意文書を柔整師が所属する団体にまとめて送るだけで終わっている。文京区、足立区は審査委の指摘をもとに独自に患者調査などをする仕組みがあり、悪質な場合は東京都の指導当局に具体的な処分を求める。その結果、文京区は1接骨院がリストに載るだけで、足立区も注意文書が1度の6接骨院にとどまっている。
日本柔道整復師会は「審査委の権限強化も考えるべきだ」と話している。(松浦新、内藤尚志)


柔整師学校で無資格教員横行 厚労省、6校に補講指導
http://www.asahi.com/health/news/TKY200809050160.html
 接骨院や整骨院で治療にあたる柔道整復師の養成学校がこの10年間で7倍に急増、教員不足から無資格者による授業が横行している実態が、関係者の話で分かった。今年に入り6都府県の7校で無資格教員が判明しており、厚生労働省の出先機関が補講の実施など指導に乗り出した。
 柔整師になるには、養成学校で一定の単位を取り、国家試験に合格することが必要。無資格教員による授業は無効となり、生徒は卒業に必要な単位が不足する「履修漏れ」に陥る可能性がある。
 無資格教員が発覚して補講を命じられたのは、東日本医療専門学校(仙台市)▽東京医学柔整専門学校(東京都北区)▽専門学校白寿医療学院(静岡県伊豆の国市)▽静岡医療学園専門学校(静岡市)▽大阪凰林医療学院(現・日本統合メディカル学院、大阪市)▽琉球リハビリテーション学院(沖縄県金武町)の6校。いずれも開設6年以内の養成学校だ。さらに愛知県内の学校も無資格教員を認めており、厚生労働省東海北陸厚生局が調査中だ。
 柔道整復師法に基づく養成学校の指定規則と指導要領は、教員の資格を担当分野ごとに定めている。医師や大学教員などが教えるべき科目を、柔整師や理学療法士、大学院生らが教えていた例が目立つ。
 補講が最も多い琉球リハビリ学院では、3年生44人が330時限(1時限は45分)、2年生14人が150時限を命じられている。解剖学や運動学などの教員が無資格だった。儀間(ぎま)智理事長は「他校に引き抜かれたり辞めたりした教員がいて、理学療法士などの資格を持つ教員で対応したが、誤りだった」と話す。
 2番目に補講時間数が多い白寿医療は、今月初めに指導を受けたばかり。東海北陸厚生局が調査に入り、運動学などを教えた大学院生ら2人を無資格と断定した。
 白寿医療は、厚労省には、運動学の担当は南風原(はえばら)英之学院長(帝京大医学部客員教授)と届け出ていた。南風原学院長は「教える知識があれば良いと考えていたが、甘かった」と話した。
 柔整師は、医師と同様、患者の治療代を健康保険請求でき、収入が安定していると、人気が高まっている。養成学校は「3年間で400万~500万円という高額授業料でも生徒を集めやすい」(西日本の学校長)とされ、既存の学科での生徒減少に悩む専門学校などが次々に参入。ここ10年で14校から97校となり、ほかの医療・介護系人材の養成学校に比べても急増が目立つ。
 一方で教員のなり手はこれに追いつかず、教員不足が慢性化。「厚労省に届け出た教員と実際の教員が違うのは、業界の慣習として許されてきた」(東日本の学校の元幹部)とする証言もある。
 日本柔道整復師会は「利益優先で、学生募集のために国家試験対策を重視する学校が増え、まともに治療ができない柔整師が増えた。教員の質を上げるのは当然として、開業前の臨床研修制度などが必要だ」と指摘している。(内藤尚志、塩原賢、松浦新)
     ◇
 柔道整復師 国の資格の一つで、取得するには、養成学校で3年以上の専門教育を受けたあと、国家試験に合格する必要がある。骨折、脱臼、打撲、ねんざ、肉離れを治療すれば、医療を補う行為として健康保険を請求できる。治療したケガの数が不自然に多いケースが増えており、治療日数を水増しするなどの不正請求も各地で発覚している。


無資格で灸・患部コロコロ…接骨・整骨院、やまぬ不正
http://www.asahi.com/health/news/TKY200807210267.html
 接骨院や整骨院で治療する柔道整復師による不正な健康保険請求が後を絶たない。ビワの葉を使ったお灸(きゅう)、アルバイトを使ったマッサージ、治療日数の水増し……。手口はさまざまだ。毎年5千人もの柔整師が誕生し、生き残り競争が激化する中で、疑惑の請求も急増。最近の調査だと、3カ所以上のけがをしている患者が半数を超える異常事態に。こうした不自然な請求をやめさせる手だてが急務だが、行政の怠慢もあって有効策は打ち出せていない。
 ■柔整師がお灸?
 「ビワの葉の上からお灸をするとよくなりますよ」
 多くの患者にそういって、ビワ灸を勧め、不正請求を繰り返していた北九州市の柔整師(58)が3月、福岡社会保険事務局の指導を受けた。
 お灸治療の保険請求は、国家資格を持つ、きゅう師でも医師の同意が必要で、柔整師には一切認められていない。
 発覚のきっかけは、ビワ灸を受けた60代女性の告発だった。市への情報公開請求で自分の治療内容を調べると、肩や腰のねんざなど身に覚えがないけがが載っていた。
 社保事務局が調査に入り、ビワ灸による不正請求がわかった。灸では保険請求できないのでうそを書いたのだ。「振り替え請求」という手口だ。柔整師は朝日新聞の取材に「灸で健康保険から得た治療費は年100万円ほど。近く返還する」と非を認めた。
 ■動き回る患部
 手首からひじ、肩から腰などと、患部が次から次へ変わる「部位転がし」。長期にわたる治療の時にしばしば用いられる不正請求の手口だ。
 ある中学生が4年にわたって治療を受けた東京の接骨院の請求はこうだ。07年5月、右肩など3カ所の治療が行われ、6月には首の治療も加わった。7月に肩の治療が終わったが、代わりに左下腿(かたい)の肉離れが加わり、その後もけがの部位はめまぐるしく動き続けた。
 請求を受けた健康保険組合は典型的な部位転がしとみて昨秋、柔整師への支給を打ち切った。
 ■日数水増し
「通院12日2万1597円」「通院13日2万470円」。大阪府の女性(45)は昨秋、藤井寺市の両親に届いた4月分の医療費通知をみて目を疑った。父母とも4日間しか通っていないはずだ。同じ接骨院に通う夫の通知も数カ月分、調べた。やはり通院日が3~10日多かった。
 市に相談しても動かないため、自ら接骨院に詰め寄ると「入力ミス。調べる」と言ったきり、何の連絡もない。
 女性は内科の診療所に勤め、保険請求事務に詳しい。「病院や診療所の保険請求では、通院日の水増しなんて考えられない」と憤る。
 ■行政の怠慢
 行政が手ぬるいため不正がはびこるとの指摘が多い。
 神奈川県秦野市の接骨院は大学生ら無資格のアルバイトに肩こりや筋肉痛をほぐすマッサージをさせていた。これを知った近くの柔整師は05年、神奈川社会保険事務局に連絡し是正を求めた。だが、実際に指導があったのは07年度。この間にも複数の健康保険組合から指摘があり、ようやく重い腰を上げたのだ。
 この接骨院は今も新店ができるほど繁盛している。「系列店は今もアルバイトを使っている。行政は即刻、保険請求中止にすべきだが、相変わらず手ぬるい」と通報した柔整師の不満は募るばかりだ。
 行政の怠慢もあって柔整師の不正が発覚することは少ない。柔整師のうそを見破るには、患者一人ひとりに確かめなければならないからだ。
 6月、政府の経済財政諮問会議で医療費抑制のため、柔整師の請求適正化が議論されたが具体策は出ていない。(冨名腰隆、内藤尚志、松浦新)
     ◇
 〈柔道整復師〉 骨折、脱臼、ねんざ、打撲、肉離れの治療を行う。この五つのけがについては健康保険請求が可能。06年末現在約3万8700人だが、養成学校の急増で国家試験合格者は年5千人のペースで増えている。
 

(無題)

 投稿者:ハレー爺メール  投稿日:2008年10月27日(月)14時52分8秒
返信・引用
  27日発売の週刊ポストに、例の怪しい整体師の記事が出てますが、記事の最後に、
*整体師とあんまマッサージ指圧師」
「整体師」はあくまで民間の資格であり、国家資格ではない。
これに対して、「あん摩マッサージ指圧師」はハリ師 きゅう師、は国家資格であり、国が定めた知識、技能の習得が義務ずけられている。
この様にだんだん理解されてきたのかな、
 

取り急ぎ・・・

 投稿者:無寸当【八級】  投稿日:2008年10月21日(火)23時18分37秒
返信・引用
  業界には私達、現場の治療師からの自浄作用を働かせなければと、会報などで
言われていましたが、手技療法業界全体のイメージダウンとなるニュースが
全国的に報道されました。

「指圧」と「整体」は区別されるものですが、報道では「整体治療院」「指圧した」などと
伝えていますが、実際は逮捕された人「あん摩・マッサージ・指圧」の有資格者なんでしょうか?
視覚障害がある盲人だとも聞きましたが。
年間五千万の稼ぎって凄いです。
問い合わせ次第ではサイト内で一般向けの文章も必要となるでしょうね・・・>管理人さん

以下ニュースから引用
<医師法違反>無免許で触診、4人逮捕 千葉の整体院
10月15日13時12分配信 毎日新聞
 医師免許がないのに触診などをしたとして、警視庁生活環境課は15日、千葉県船橋市本中山1、整体治療院旧「東洋理学治療センター小松理学院」元名誉院長、小松忠義(67)ら4容疑者を医師法違反(無資格医業)容疑で逮捕した。10年前から約300人の顧客を抱え、多い時で年間5000万円以上の収入があったという。
 調べでは、4容疑者は医師免許がないのに、千葉県市川市と船橋市の2カ所で整体治療院を経営。「子宮筋腫をもんで小さくする」などと言って、昨年6月~12月、女性患者(23)ら9人に問診や触診をした疑い。小松容疑者は容疑を大筋で認めているが、他の3人は一部否認している。
 手で下腹部など体を強く指圧し、あざができる患者もいたという。生活環境課が専門家に問い合わせたところ、「医学的根拠はなく、子宮がんの場合はがんを散らすことにもなりかねない危険な行為」と回答を得たという。【古関俊樹】
 

Re: 馬診たよ、

 投稿者:トットG  投稿日:2008年10月21日(火)14時07分51秒
返信・引用
  > No.3[元記事へ]

ハレー爺さんへのお返事です。

ハレー様 お元気で何よりです それにつけても手広く馬の治療までやりますか
昔私が病んでいた頃西洋医学も鍼灸に見放されどうしようかと思っていたら
中山競馬場の馬を世話をする人があまりにも優勝できない馬で腰が曲がっている
ので板を当てて叩いたら腰が伸び優勝でき人間にも試したら腰の痛みが取れたと
いう話を聞いたので 探してお世話になろうかと思っていたらお役所から咎めら
れて 田舎に帰ったと聞きガツカリしたものです
そのことがきつかけでこの道に入りました 入ってから幹市先生の道具を見て
スッカリはまりました
所で片山プロ永久シードおめでとう 来月は研修会でお世話になります宜敷
 

馬診たよ、

 投稿者:ハレー爺メール  投稿日:2008年10月20日(月)16時44分3秒
返信・引用
  トット爺さま、お久しぶりで、ねーここが無いから困ってましたよ、
先月、栗東トレセンに行きましたよ、いわゆる、馬医者さんはやり方が古いです、治療の全てが鍼と筋肉注射でした、馬が嫌がる訳ですよね、今回は仙骨の幅を調べて器具を作り3頭に試しました、次回は私が直に出きる様にする予定です、いい勉強になりました、
 

レンタル掲示板
/2