teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


こちらこそ

 投稿者:みにすけ屋  投稿日:2017年11月 6日(月)22時02分21秒
  ● Ootaさん

4日は会場まで遊びに来ていただきありがとうございました。
3突は結構塗装について問い合わせがあったりするので、いま、「How to~」コーナーの記事を書いているところです。
あと数日でアップできると思います。

AFV熱が来ているとのことですが、私は3突の脇役を作ってディオラマにする前に、ちょっと寄り道をしてこんなのを作っています。
気分転換ですね。
 
 

ご苦労さまでした。

 投稿者:Oota  投稿日:2017年11月 5日(日)11時48分23秒
  札幌モデラーズフェスタご苦労さまでした。
仕事途中で失礼しました。抜け出せて良かったです。
癒しの時間が過ごせました。
あと、イタ兵 ありがとうございます。
昨年作った作品の内、2作品は、今までに頂いた兵隊さんです。
大事に使わせて頂きます。
楽しみにしていた3突も見れましたし、大満足です。
冬期塗装が、チョイ剥がれで、下地基本塗装が見えるのは、それなりにできそうですが、
あれだけ剥がれた冬期塗装の車両は、すごい仕上がりです

数だけこなさず、じっくり作るのも大事だと思います。
でもあそこまで たどり着くには、チットハードルが高そうです。
AFV熱が今来てます。
久しぶりに工作始めてます。

ベースが付くと思うので、それも楽しみです。
 

ホムペ更新

 投稿者:みにすけ屋  投稿日:2017年10月29日(日)01時18分49秒
  ● みなさま

やっと3突が完成しました。
4月から作ってきたので、おおむね半年で完成となりました。

今回は、ラッカーの筆塗りでどこまで冬期迷彩が剥げたのを再現できるかが命題でしたが、当初にイメージしていたとおりに仕上がって満足しています。

製作記も3回目となり完結しました。
よろしかったらご覧ください。
 

履帯

 投稿者:みにすけ屋  投稿日:2017年10月25日(水)22時31分2秒
  ● Ootaさん

エアの王虎ですね。
完成おめでとうございます。
色の鮮やかさがOotaさんらしいですね。

まあ、カバーで隠れるんだったら履帯のカットくらいじゃんじゃんやりましょうよ。
どうせ見えないんですからね。

いっそのこと、カバーの下で見えない履帯の上半分を流用して、砲塔側面の予備履帯にしてはどうでしょうかね。


私の3突も佳境に入ってきました。
あと数工程で、いったん車体単品では完成です。
11月4日の札幌モデラーズフェスタに持っていきますよ。
 

王虎 完成

 投稿者:Oota  投稿日:2017年10月22日(日)22時43分20秒
  みにすけ屋さん

溶接跡は、目を潰さないように、車両塗装の後ですね

私の王虎完成です。

隙間車体の解決として、強制削除
カバーで隠れる境目に、赤印を付け、鋸で切り取ってしまいました。
本当は、気分を和ませる為の簡単素組みだったのに・・・
それでも一応完成
苦手なハゲチョロ・チッピング筆書きです。
まだまだですが、練習のつもりで、書き込みましたが、
やはり、ムズイ
で完成。

気が向けば、もうひと汚しをするかもです。
予備キャタが、キットに、入っていないので、砲塔がさみしい、
キャタ用フックが必要かな、ジャンクパーツを見ても
箱絵の車両にもついていませんが、やっぱりさみしいです。
大型戦車を作った事が、無い私のジャンク箱に、あるわけがない
 

資料は

 投稿者:みにすけ屋  投稿日:2017年10月 8日(日)22時56分53秒
編集済
  ● ガンタさん

相変わらず精力的に作っていますね~。
クラブでの展示は楽しいでしょうね。
ディオラマも沢山ですね。

● ootaさん

3突の資料は、いつものようにアハパンとグランドパワーです。
あとはマスターモデラーズですね。
どちらも情景というよりはディティールの確認で、参考にしている情景の載った資料があるわけではないんです。

では、1942年の冬という設定はどこから出てきたかというと、今回は、短砲身を作りたいけどヴィンターケッテもつけたかったのですが、C/D型は1941年9月までの製造で、ヴィンターケッテは1942年冬に配備された装備なので、自動的に1942年の冬という設定になりました。

1943年ではないのは、製造台数が少ないC/D型がもっと後年まで残っている車体は少ないのではないかということと、1943年には長すぎて破損が多かったヴィンターケッテに代わって短いオストケッテが配備されたこともあり、この時期に設定しました。

あと、紹介したいのは「ノルディックエッジ」を出した出版社の3突の作例集です。
素晴らしい内容で、創造意欲がものすごく刺激されます。おすすめです!
 

3突

 投稿者:Oota  投稿日:2017年10月 8日(日)13時48分1秒
編集済
  みにすけ屋さん

今回の3突は、1942年の冬と言う事で
資料による物なのですね、
可能であれば、どんな資料か教えてほしいです。
完成後こっそりでも良いです。
北海道に居る私は、冬と言えば、ふかふかの雪を思ってしまうのですが、
真冬・春先など、時期によって、車両の冬期塗装も、変わりますよね、
車両もかなり進んでいるように見えます。
ベースの楽しみです。

私の王虎は、カバーで見えにくい場所で、なんとかキャタを強制接着
と ひと苦労した後、

本体を重ねると本体上下に隙間が・・・
車輪を付けて仮組みをしたときは、しっかりおさまっていたのに

これは、動輪のキャタが、本体に干渉して、おさまらない様です。
カバー裏側を削って解決出来る状態ではない!!

一難去ってまた一難
お気楽模型で、素組のはずなのに・・・まったく困ったちゃんです。
 

どうもです!

 投稿者:ガンタ  投稿日:2017年10月 8日(日)00時48分21秒
  みにすけ屋さん
ごぶさたです。3突の塗装やフェンダー部分の破損個所の表現やOVMなどすばらしいです。
1つ1つがていねいだなぁ~といつも感心します。
私の所属している「アサヒ倶楽部」の展示会の様子が動画で鑑賞できますのでよかったら見てください。下記のHPから掲示板から「第9回アサヒ倶楽部作品展示会Vol.3車両」です。
私の作品はMWの路面電車のジオラマ「1930年代の街並」、ブルムベアーと250/1ハーフトラックのジオラマ、現用ロシア軍のジオラマと各種自走のミサイル単品、イタリア軍3発爆撃機ジオラマ、バンダイ・ホビコレをアメリカ・パトカーにした作品です。
LENさんのブログ「緋色の部屋」にも「イヴェント」欄で展示会レポートがありました。
長々となりましたがよろしくです。

http://puramoojisan.web.fc2.com

 

塗ってますよ

 投稿者:みにすけ屋  投稿日:2017年 9月30日(土)20時53分25秒
  みなさんお元気ですか?
札幌では山は紅葉が始まり、かなり寒くなってきました。

3突はチマチマと進んでいて、やっとOVMをつけはじめました。
完成まであと1カ月くらいかなあ。
 

こりゃ難しそう

 投稿者:みにすけ屋  投稿日:2017年 9月 9日(土)20時56分14秒
  ● Ootaさん

エアフィックスの王虎ですね。
エアということは76ですね。
これは新しい金型なんでしょうかね。

最近は連結式のプラの履帯ばかりで、こういう古いスタイルのは久しく作ってないですね。
いや~こうやって見ると、昔は結構苦労したなあと思いだしましたよ。(笑)
これからみると、プラの連結式は組み上げるのはそれなりに大変ですが、軸が折れるといったストレスはないですもんね。

そういえば、最近のキットではプラの長い1枚もののパーツを、U字型に折り曲げながら組むのが主流なんですよね?そうゆうのはうまく組める自信がないなあ。(画像はズベズダのJS-2)
 

レンタル掲示板
/241